印刷する≫

ぼたもち(おはぎ)

ぼたもち(おはぎ)

道明寺粉で使る簡単ぼたもち。牡丹の花の季節にはぼたもち。萩の花の季節はおはぎ。季節によって名前が変わる日本独特の和菓子ですね。道明寺を使用しますのでもちろん桜餅も出来ますよ。

材料

(餡ときな粉各10ヶ)
 
道明寺粉
200g
熱湯
300cc
小匙1/4
小倉餡又はこし餡
600g
きな粉
適量

作り方

[1]
好みの餡を25gと35g、各10ヶずつ丸めておく。
[2]
道明寺粉はさっと水洗いし、ザルに移して、水気を切っておく。
[3]
電子レンジ用のボールに、[2]を移し、熱湯を入れてラップをかけて
そのまま30分置いておく。
[4]
ラップをしたまま4分間電子レンジにかけて塩を加える。
混ぜ合わせてからラップをかけてさらに3分間電子レンジにかける。
もう一度混ぜ合わせてラップをしたまま、10分~15分そのまま置いて蒸らす。(使用した電子レンジは500wです)
[5]
20gの生地を10個作って丸め、35gの餡玉で包む。25gの餡を残った生地で包み込み、きな粉をたっぷりと振り掛けて出来上がりです。




桜餅~関西風~

蒸し器の要らない簡単桜餅・関西風。色粉で色をつけるときは、ちょっぴり控えめにすると上品なピンク色に仕上がりますよ。

材料 (20ヶ分)

道明寺粉
200g
熱湯
300cc
砂糖
30g
食用色素(赤)
少々
こし餡
400g
桜の葉
20枚

作り方

[1]
桜の葉は軸を取って水洗いし、ボールのサイドに並べて水気を切る。
[2]
熱湯と砂糖を合わせて、”ぼたもち”の作り方[3] と同様にし、色粉でピンク色にしてから約30分置く。
[4]と同様にレンジにかけてから餡を包む。
[3]
道明寺を20等分して手水を付けた手の上で20gのこし餡を包み、桜の葉で包む。


(手水の作り方)

 
水30g:砂糖30gを合わせて沸騰させる。