印刷する≫

水まんじゅう 春の名残

水まんじゅう 春の名残

水まんじゅうの新バージョンが登場。和三盆糖で作ると、あめ色に仕上がり、やわらかな味が楽しめます。中の餡は桜餡の他に抹茶や小豆餡など入れていろいろな味を楽しんで下さいね。。

材料 (プチカップ15~18個分)

露草(水まんじゅうの素)
50g
和三盆糖
100g
水(蒸発量含む)
500g
●桜餡
 
特選白こしあん
180g
桜の花の塩漬
25g


作り方

[1]
露草は、だま にならないように、和三盆糖と良く混ぜ合わせておく。
[2]
水の中に[1] を少量ずつ加えながら混ぜ、分散させてから火にかける。
[3]
焦げ付かないように鍋底から全体を良く練り、沸騰後5~6分で火からおろす。
[4]
水まんじゅうの型(プチカップ)に[3]の生地を2/3まで入れ餡玉を入れ、軽く押さえる。
更に生地を八分目まで入れて、冷やし固めて型から出す。
[5]
召し上がった時に中の餡からピンクの桜のびらが見えて、お花見の頃がちょっと思い出されませんか?


桜あんの作り方

 
桜の花(塩漬)25gを水の中で振り洗いしてピンクの花びらだけを取る。
水分を切って特選白こしあんに混ぜ込み、1ヶ10gの餡玉を作っておく。