印刷する≫

水まんじゅう まりも(抹茶) 

水まんじゅう まりも(抹茶)

うっすらと覗く緑色の餡玉が、湖に眠るまりものよう・・お口に入れた瞬間に、抹茶の香りが広がります。渋めのお茶に合わせてどうぞ。 水まんじゅうは沸騰させてから、5~6分練る事がポイント。出来上がりが水っぽくなりませんよ!トレハロースを入れると甘みを抑えて、抹茶の味を引き立てます。入れない場合は、キャスターシュガーを40g増やしてくださいね。

材料 (プチカップ17個分)

露草(水まんじゅうの素)
50g
キャスターシュガー
135g
トレハロース
40g
水(蒸発量含む)
500g
●抹茶餡
 
特選白こしあん
170g
抹茶
大匙1

作り方

[1]
露草は、だま にならないように、キャスターシュガー(微粒グラニュー糖)・トレハロースと良く混ぜ合わせておく。
[2]
水の中に[1]を少量ずつ加えながら混ぜ、分散させてから火にかける。
[3]
焦げ付かないように鍋底から全体を良く練り、沸騰後5~6分で火からおろす。(必ず5分ほど練って下さい。)
[4]
水まんじゅうの型(プチカップ)に[3]の生地を2/3まで入れ黄身の餡玉を入れ、軽く押さえる。
更に生地を八分目まで入れて、冷やし固めて型から出す。


抹茶あんの作り方

 
特選白こしあんに茶漉しを通した抹茶を加え、練りまぜ、10gの餡玉にしておく。
(ビニール袋に入れ、袋の上から押さえつけるように混ぜ込むと良い)