印刷する≫

ガナッシュボール

ガナッシュボール

チョコレートトリュフを作るには必ず必要な温度調節(テンパリング)が全くいらないチョコトリュフ。ホールクーゲルを使うことで、ガナッシュ(生チョコ)を詰めて、おいしいコーティングチョコでフタをします。
仕上げは転写シートでかわいく・・。ガナッシュ(生チョコ)さえ出来れば簡単ですよ!
1種類のガナッシュで、ホールクーゲル30個分です。お好みのガナッシュをホールクーゲルに詰めてくださいね。ストロベリーや抹茶はホワイトのホールクーゲルがオススメです。

材料

ホールクーゲル
各30個分
●ミルクガナッシュ
クーベルミルクチョコ
125g
生クリーム(40%)
60g
ブランデー
15g
●紅茶ガナッシュ
クーベルミルクチョコ
125g
生クリーム(40%)
65g
ブランデー
10g
紅茶パウダー
小匙1
●プラリネ(アーモンド)ガナッシュ
クーベルミルクチョコ
125g
生クリーム(40%)
50g
プラリネマッセ
25g
ブランデー
10g
●ストロベリーガナッシュ
クーベルホワイトチョコ
125g
生クリーム(40%)
50g
コアントロー
15g
FDフレーズパウダー
大さじ1
(FDフレーズパウダーの代わりに、
フランボワーズパウダ-・マンゴーパウダーでもOK!)
●抹茶ガナッシュ
クーベルチュ-ルホワイトチョコ
120g
生クリーム(40%)
50g
ブランデー
10g
抹茶
小匙2
パウダーシュガー
小匙1
●その他
ホールクーゲル 各色
30コ
パータグラッセ ノベルビター(ダーク)
1回分60g
パータグラッセ ノベルアボリオ(ホワイト)
1回分60g
クーベルチュ-ルチョコ 各色
1回分10g
ポリ絞り袋
 
好みの転写シート (25mm角に切っておく)
適量

作り方

[1]
ガナッシュを作る。(基本のミルクガナッシュ)
チョコを刻み、湯煎で溶かして40℃以下にしておく。
生クリームを沸騰させた後、 40℃に冷めれば、チョコに加え、静かに混ぜ合わせる。
ブランデーを加え、混ぜ合わせる。
(他のガナッシュは、色つけした部分の材料を合わせてから加える。)
20℃以下にガナッシュを冷ましてポリ絞り袋に入れる。

[2]
好みのホールクーゲルに、[1]のガナッシュをほぼ上まで絞り入れ、暖房のしていない部屋に一晩置く。
(時間が経過すると、ガナッシュが収縮してへこみます)
[3]
ホールクーゲルにフタをする。
パータグラッセ(コーティングチョコ)60gを湯煎で溶かす。40℃位になれば、10gのクーベルチュ-ルチョコを加えて溶かし、温かく感じない程度に冷ます。
(クーベルチュ-ルチョコを入れると、より美味しく、硬く固まります)
ティースプーンなどで、チョコをへこんだガナッシュの所を覆っていく。
[4]
転写シートで模様を付ける。
チョコが固まらないうちに、25mm角にカットした、転写シートをのせて軽く押さえる。
10分程冷やし固める。

転写シートを外して完成!