印刷する≫

生チョコ(ラズベリー)

生チョコ(ラズベリー)

↑は応用編のイメージです

材料 (20cm角・厚さ10mmの生チョコ用枠1枚分)

カカオバリークーベルガーナ(ミルクチョコ)
270g
ラズベリーピューレ
100g
トリモリン
30g
無塩バター
30g
ラズベリーリキュール
15g
ココア
適量

作り方

[1]
チョコを湯煎で溶かし、40℃位にしておく。
[2]
ラズベリーピューレ・トリモリンをあわせて火にかけ、沸騰させる。
火から下ろし、1/2を[1]のチョコの中心に加え混ぜる。(シリコンベラでボールの底中心を押し付けるように混ぜる。)
残りのピューレの1/2を加え混ぜる。
混ざれば残りを加え混ぜる。(3回に分けて加える)
混ざれば、細かくカットしたバターを加え混ぜ、ラズベリーリキュールを加える。
(あれば、バーミックスで混ぜ、チョコを完全に乳化させる)
[3]
シルパットにパストリーゼを少し噴きつけ、防湿セロファンをその上に載せ、カードで防湿セロファンをぴったりと平らに貼り付ける。この上に、生チョコレート用流し枠を置き、[2]を流し、平らにして10℃位の所で24時間以上置いて固める。
[4]
固まれば枠と防湿セロファンをはずし、ココアを手粉にして、好みのサイズにカットする。
ココアをまぶせば完成です。
ガナッシュボックスに入れれば、プロの作品のように!


応用編

[1]
テンパリングしたチョコでカバーして、転写シートでお洒落すればおいしいボンボンショコラです。
チョコグラシンに1粒ずついれて、トリフボックスに並べて大切な方にプレゼントしませんか?